よくある質問
メニュー
本田医院 > よくある質問

経鼻内視鏡は口からの内視鏡より楽ですか?

はい、多くの方は口より鼻からの方が楽だとおっしゃいます。一般的に内視鏡が辛いといわれる理由の大半は、口から挿入するときに出る反射(オエッとなる感じ)が原因です。その点、鼻から挿入すると舌に触れずに喉に到達するため、反射が出にくくなり、口から挿入するより楽に感じます。

ただし、慢性鼻炎や蓄膿症、鼻中隔湾曲症等の疾患のある方は、鼻の痛みが強く出る場合があり、その程度によっては辛く感じることもあります。初めて検査を受ける方はどちらを選んだらよいのかも分からないと思いますので、まずは医師にご相談ください。

経鼻内視鏡は口からの内視鏡より楽ですか?

内視鏡の検査料金はいくらですか?

保険診療で3割負担の場合
上部消化管(胃カメラ):観察のみでおよそ4000円、組織検査を行うと8000円くらい。
下部消化管(大腸カメラ):観察のみでおよそ7000円、ポリープ切除を行うと26000円くらい。

「およそ」としたのは、検査の際に使う注射の種類や、処方箋を出すかどうか、初診か再診か等によって金額が変わるからです。
1割負担の方は上記金額の3分の1。
生活保護受給者は自己負担なしです。
未保険の場合は直接病院にご連絡ください。

大腸内視鏡はとても辛い検査だと聞きましたが、そんなに大変なのですか?

いいえ、ほとんどの方はそれほどつらい思いはしません。ただ、なかにはとても辛く感じてしまう方がいらっしゃるのは事実です。辛く感じる理由の多くは、内視鏡を挿入する際の痛みです。ほとんどの方は痛みなく挿入できるのですが、おなかの手術を複数回行った方や、極端な便秘症の方などは痛みを感じる場合があります。

当院ではできるだけ楽に検査を受けていただくため、あらかじめ痛み止めの注射をしてから始めるようにしていますので、あまり心配しないでください。

詳しいことは医師にご確認ください。